To Speak, To Listen/Eidola

Dance Gavin DanceのWil Swanが運営することでお馴染みのBlue Swan Records
そこに在籍する5人組Post HxCバンドEidolaの3rd Album'To Speak, To Listen'です!!

1stの"The Great Glass Elephant"のタイミングでは、
スクリームパートがほとんどなく、DGD直系のダンサブルでベースの効いたプログレなサウンドの上に
若干オルタナっぽいような艶っぽいボーカルが乗っている感じのバンドでした。

ここから、Blue Swanと契約をし、発表した2nd"Degenraterra"では、
スクリームパートが乗るようになり、いい意味での強弱がついたバンドに...

そして、今作…

今までの艶っぽいというか色っぽいというか..笑
その感じが若干薄まって、爽やかな感じになった気がします!!
ちょっとクリーンの雰囲気が変わったのかな?曲調もちょっとおしゃれですw
高いキーまで綺麗に使いこなせている感じです!!
若干Emarosa間もあるし!!
そして、スクリームパートの乗り方にDGDになってきましたw
この辺りが好きな人は要チェックなアルバムかと思います!!!

個人的には、ミドルテンポで、どことなくJazzっぽさのある7曲目の"Dendrochronology"、
スクリーモ感満載な1曲目"The Abstract Of A Planet In Resolve"がオススメです!!!

eidola@bandcamp
eidola@facebook

コメントを追加

Image CAPTCHA